箸置きのこと

なにかを始める時、「よし、これを始めよう!」というような、なにかはっきりと意思をもって始めることって、意外と少ないんじゃないだろうか。

たいたいは必要に迫られてだったり、なんとなく興味を持って見ているうちに、少しずつ知識がついてって、気がついたらどっぷりはまっていたり。

始める、というほどのことでもないけれど、箸置きを集めることは、私にとってわりとはっきりしたきっかけのある、めずらしいことのひとつ。



ある日テレビを見ていると、箸置きコレクターなる人が出ていた。古今東西のあらゆる箸置きをものすごい数集めているそうだ。

毎日使っても年に何度かしか登場しないものもありそうな数だったけれど、そのおはじきのような可愛らしさに目を奪われた。

それから気に入ったものがあれば買い集めているのだけれど、正直、すぐ飽きるだろうと思っていた。

箸置きを使う習慣がなかったし、和食屋さんで使うものとばかりと思っていた。



それが、使ってみると、とても便利なことに気がついた。

箸と同じ場所にしまっておいて、箸を出すときに一緒に出すといいし、なにより箸もテーブルが汚れない。

食器のように場所をとらないし、値段も手頃。旅先で買うと、日々使うときに思い出してうれしくなる。



私がおばあちゃんになるころには、使いきれない数になっているかも、と思う。