ほんのちょこっと、ではあるけれど

  
最近、ちょっと嬉しかったこと。

小さい頃から、前髪の内側にだけクセがあって、それがずっと好きじゃなかった。特に中学生くらいのころはストレートパーマが流行ってたし。

特に夏はくるんくるんで、どうしようもなくて、梅雨はストパーをかけたりもしていた。

常にストレートな表面の髪をかぶせるように隠してたし、アイロンをしてくれるヘアメイクさんにも申し訳ないなーと思ったりもした。

でも最近クセを活かしたヘアメイクをしてもらったり、移動中に汗をかいて出てしまったクセを「それって巻いてるんですか?地毛ですか?」と思いがけず褒めていただいたことが3回くらい続いて、あれ?出してもいいのかな?と思えるようになった。

それで、美容室でクセのある内側の髪で前髪を作ってください、と人生ではじめてのオーダー。



ところで、女性目線で、前髪について歌った曲って、結構あるんじゃないだろうか。

私たちの世代だったら、小松未歩さんの『氷の上に立つように』とか。

「前髪を少し短くしただけで 生れ変れちゃう そんな考え方が好きよ」。

私も好きよ。

『ちょこっとLOVE』も思い浮かんだけど、前髪ではなく、「髪型」だった。

同じ意味だと思うけど。

   
前髪って、自分では絶対に見えないのに、こんなにも気分が左右されるから不思議だ。

人からどう思われるか、という恐れが一番反映されてしまう部分なのかもしれない。

そんなこんなで、クセのある前髪を出したことは、とにかく自分にとってニュースな出来事だった。

だって、前髪を切るなんてことは、きっと何百回もしていることだし。

事実だけ見ると本当に小さいことなんだけど、目から鱗というか、長年コンプレックスに思ってたことって実はたいしたことなくて、自分の思い込みだったのかも、と思えてすごく楽になった。
 

こういうことってきっと他にもたくさんあるし、若い時ほどコンプレックスを抱えがち。

それに、隠すほど、その部分を嫌いになってしまいそうだ。

自分がそうしてもらったように、私も人のいいところを見つけたい。
みんながそうすれば、みんなハッピーになれるのでは!?と気づいた日だった。