のんびり、鴨川へ

海の日は鴨川へ行った。

私は旅行の計画を立てるのがわりと好きなほうなのだけど、今回は100点満点ではないかと思えるほど私好みのプランが立てられたので、鴨川に行く人はぜひ参考にしてほしいとまで思い、記録することにする。


旅のお供は川上未映子さんの新刊。

これについては書き始めると止まらなくなるのでまた別の機会に…。


東京駅から「わかしお」に乗って、終点の安房鴨川駅まで1時間53分。


電車で2時間って、リフレッシュを目的としたちょっとした旅に、ちょうどいい距離じゃないだろうか。

窓の外が、都会のビル郡からだんだんと鮮やかな緑になっていき、やがて海が見え始め、到着する頃にはすっかりリラックスモードになっていた。

安房鴨川駅から、タクシーで『手造りそば 打墨庵(うっつみあん)加瀬』へ。

11:30のみ、予約を受け付けているそうで、一番乗り。

店の外にはカエルがたくさんいた。

カエルなんて久しぶりに見る。

故郷に帰ってきたような開放感があって、深く呼吸ができる気がした。

季節のおすすめの、トマトとモロヘイヤの冷たいお蕎麦をいただいた。

そばはもちろんだけど、前菜やデザートもすべて創意工夫がなされていて美味しくて、いくらでも食べられそう。

ちなみに、美味しいそばを家でも食べたい!と、ここでそば粉をお土産に買って帰り、家で打って見たけれど、2時間くらいかかり、腕は疲れるし、麺はぼろぼろになるし、それはそれは大変だった。

あらためて職人さんの技術や熱意を知り、美味しい蕎麦を食べられることに感謝せずにはいられない。


それからまたタクシーに乗り、鴨川シーワールドへ!

海のすぐそばの水族館。

白イルカショー、イルカショー、シャチショーの順に見た。

目玉のシャチショーはものすごい人気で、1時間前から席を取った。

大量に水をかぶるので、スマホで写真を撮るどころではない。

シャチは美しく、迫力があった。

人を襲うというイメージがあるけれど、トレーナーを背中に乗せて泳いだりしていた。表情はわからないけれど、絆が感じられて驚き。


鴨川シーワールドから少し歩いて、夕食は『松鮨』へ。

こちらも予約は必須。それでも地魚鮨はランチタイムで売り切れてしまうらしく、地魚が食べたい人はランチタイムに行くほうがいいかもしれない。

あじのなめろうは房総の郷土料理だそう。

このお店ではお酢が一緒に出てきたのが印象的だった。

なめろうに目がない私。もちろんペロリといただいた。


今回、宿泊は民泊にしたけれど、夜は鴨川グランドホテルの日帰り入浴へ。

夜なので見えなかったけれど、露天風呂はオーシャンビュー。

波の音を聞きながら入るお風呂は格別。

すっかり温まって、遠くに波の音を聞きながら眠った。


2日目は仁右衛島へ。

安房鴨川駅から仁右衛島入り口までは、バスで向かう。

バスやローカル線に乗るのは、そこに住む人の生活が感じられて好きだ。


仁右衛門島は、個人所有の有人島。代々平野仁右衛門を襲名した人が、島を守りながら暮らしている。

島へは船頭さんが手漕ぎ船で渡してくれる。

島には源頼朝の伝説があったり、祠や珍しい植物がある。

風光明媚で、ロマンがあって、素敵な場所。

久しぶりに磯遊びに夢中になってしまった。

帰りのバスを待つ間に、商店をのぞいた。

地元の人が家の前で、手作りの干物やらワカメやら、梅干しやらを売っている。

バスを途中下車して、『あわじや』で昼食。

15種類の海鮮丼。

スイカまでつけてもらって大満足。

なめろうもまた注文した。

お店によって少しずつ違うのが面白い。

特産品や干物などお土産がそろう『潮騒市場 旬彩』買い物をして、帰路に着いた。


1日が、東京と同じ24時間とは思えないほどゆったりした時間を過ごした。

またがんばろうと思える。