着物をはじめました

親戚にたくさん着物をもらい、着付けを教わって、着物をはじめた。

成人式前後に興味を持った時期があったものの、独学で、半幅帯のカルタ結びしかできないままだった。

 

今回の熱は、最近、谷崎潤一郎の小説『細雪』にすっかりハマってしまったことも影響したと思う。

着物の本を買っては、季節のことや模様のことを興味深く読んでいる。デザインのあまりの可愛さに、子どもの着物について書かれた本まで買ってしまったほど!模様一つ、紐一本にいたるまで全てに意味があり、親の願いが具現化されていて、とても美しい。

着物の世界は知れば知るほど疑問が出てくるのが面白いと思う。

 

 

先日、浴衣姿の人も多く初めてのおでかけにはぴったりだと思って、朝顔市へ。

アンティークの夏着物を対丈風に着た。

写真を見ると、着崩れすぎていてとてもとてもショック………なんだけれども、着物好きの知り合いに、「いいじゃない!はじめはみんな着崩れしますよ」と言ってもらえたので少し安心。

彼女は仕事やレストラン、芝居へも着物で出かける。「でもこれは洋服で言うとデニムくらいのカジュアルさなんですよ」などと教えてくれて、私の着物に対する概念を変えてくれた。

 

インスタを見て、補正について教えてくれたり、実家にたくさんあるから私も習いたい、という同世代の友達もいて、意外と周りにも好きな人は多いのかも、とびっくりした。

めげずに練習して、涼しくなったら単、袷も早く着たい。

 

 

この日買った朝顔市の朝顔は、毎朝かわるがわる色とりどりの花を咲かせて楽しませてくれている。