野葡萄のこと

そろそろかな、と思い、様子を見に行った。

先月、駅からの帰り道のわき道の茂みで見つけた、野葡萄のことだ。

野葡萄はブドウ科ブドウ属で、秋になると実がグラデーションに色づいてとても鮮やか。

 

先月見た時は実が青かったので、色づいたらちょっとだけ切って、持って帰って飾りたいな、なんて思っていた。

結果的には、今日は少し色づいてはいたものの、全体的にはまだまだだった。

 

けれども、がっかりはしなかった。

それに持ち帰りたいと思っていたわりには、私は手ぶらだった。

野葡萄はわき道に自生していて、たしかに雑草で間違いないけれども、ひそかに通勤の楽しみにしている人が、ほかにいるような気がしていたからだ。

 

家ではチョコレートコスモスと、夏の名残のように朝顔が1輪2輪、同時に咲いている。