浅草で牛鍋ランチ

創業100年の老舗「米久本店」に牛鍋ランチを食べに、浅草へ行った。

  

  

お肉がきめ細かく美しい。

もちろん柔らかくてとろけるようだった。

お腹いっぱい食べて、1人前3,160円と思ったよりもリーズナブル。

古い建物の雰囲気が好きな人にも、お肉が好きな人にもぜひおすすめしたい。

   

   

この日はラグビーW杯の南アフリカ戦。

茜染の帯を締め、日本代表応援コーデで出かけた。

  

  

帯は譲り受けたものだけれど、なかなか派手かも…と思って締めたことがなかった。

雑誌で似たような帯に、同じように明度の高い色の帯締めを合わせているのを見て、真似してみると案外しっくりきて、うれしい。

  

写真では白に見えるけども、帯揚げは明るいグリーン。

これも撮影でスタイリストさんがしていた組み合わせを参考にしてみた。

  

  

帯か着物どちらかが柄物だとどうしてももう一方に、無難に無地を持ってきてしまう。

柄×柄の組合せにもっと挑戦したい、というのが、これからの本格的な着物の季節のテーマ。

  

  

ところで浅草は、銀座とはまた違って、江戸好みの着物や和装小物がリーズナブルに手に入ると聞いた。

今回はばたばたと「今昔きもの 胡蝶」をのぞいただけだったので、あらためてまたゆっくりめぐりたいと思う。